月経(生理)前症候群自覚症状について聞いてみました。

月経前症候群で悩む女性

ルミさん 40代の月経前症候群の自覚症状

月経前症候群やPMSの言葉や、人によって様々な症状が出ることは、なんとなく知ってはいましたが、自分にそれが当てはまるかと言うと微妙なところです。

 

40歳を過ぎて生理の周期が25日周期になって、月によっては月初めと月末と2回もあるとなんか憂鬱になります。

 

妊娠を希望しているときは、毎日基礎体温を計っていたので、一目で今が何日目か分かっていましたが、今は子育てに追われて忙しいのですが、それでも生理が来ると一応いつから生理があったかを手帳につけるようにしています。

 

病院のかかるときなど、必要なこともありますので。自分では子育てと仕事の両立で忙しいので、そのせいかと思っていたのですが、先日、生理があったとき、その2〜3日前からものすごくイライラしていた事に気が付きました。

 

もしかしてイライラして子どもに当たったりしていたのは、月経前症候群のせいじゃないかと思いました。
今思うと、そのときは吐き気もあり、生理前と言うことは全く気がつかず、更年期かとおもったりしました。

 

吐き気もあると言うことで、別の体調の悪さ、疲れとかと思っていました。
吐き気とかの症状はPMSかなと思いました。PMS→月経前症候群かと思いますので、二つの言葉の使いわけは良く分かりません。

 

特にお薬やサプリメントは飲んでいません。イライラするのが、子どもに時間を取られ自分の時間を持てなかった時のみに症状が強く出るので、生理前に1人でいる時間帯にはイライラしません。自分では生理前の精神的影響はキャパシティーの減少みたいに思えます。

 

いつも我慢できることが我慢できないと言うような感じだと思います。もうしばらく生理とは付き合うと思いますので、自分をいたわり余裕を持って向き合って行きたいです。

 

奈々さん 30代の月経前症候群の自覚症状

月経前症候群についてその症状に悩まされ、1か月のうち半月ぐらいはずっと体調不良の状態でした。
生理痛も重かったので、なんとかしたいと思い、婦人科を受診しました。
子宮内膜症などの疾患が隠れているかもしれない、ということがあったのでひと通り検査をしたところ、異常も見つからなかったので、月経前症候群や生理痛に効果があるという、低用量ピルを薦められました。

 

最初は頭痛や吐き気があるかもしれない、ということだったのですが、特にそのようなことには悩まされませんでした。
低用量ピルを飲むようになってからあれだけ辛かった月経前症候群も改善されました。
頭痛がする、体がだるいという症状があったのですが、それもウソのように解消をさせることが出来たので、正直驚きました。
月経前症候群に悩まされている人がいたら、低用量ピルを服用してみることを検討してみるのもいいかもしれません。

 

ただ、保険適用外なので一般的な処方される薬よりも高額になっています。
安全面で不安に感じることもあるかもしれませんが、大きなトラブルは滅多に起きないそうです。
だから安心をして飲むことができます。
低用量ピルは種類も豊富なので、もしも合わないと感じたのであれば、別の薬を試すことが出来るようになっています。
避妊の効果だけではないので、今は多くの人が処方されているようです。
メジャーなものになりつつあるので、抵抗も薄らいできています。

 

月経前症候群は高校生ぐらいの時から起こっていたので、かなり長期間悩まされていました。
社会人になってからは仕事に影響をするくらいにまで酷くなってしまい、憂鬱な気分になっていました。
最初は生理痛の緩和のために飲んでいた低用量ピルでしたが、思ってもいなかった月経前症候群への効果も得ることが出来たので良かったです。

 

沙織さん 20代の月経前症候群の自覚症状

私は小学生の時からずっと月経前症候群がひどかったです。
生理の4日前ぐらいからだんだんと体が重くなってきて、動くのが億劫になってくるんです。
大人になるにつれてだんだんひどくなってきました。肌荒れ、イライラなどもありました。
ニキビなどもできてしまうので本当にに辛いです。お腹も痛くなってしまうので、本当にに苦しいんです。
生理なんてなくなってしまえばいいのに!って思ってしまったこともあります。

 

私が月経前症候群の対処法として、している事はまずお腹をしっかりと温めるということです。
冬ならPMSの症状が出てきたら貼る用ののホッカイロを貼るんです。そうすると全体の症状が緩和されていくんです。
そして夏はホッカイロはキツイので、薄い腹巻をするようにします。
最近は、アウターに響かないようなスタイリッシュな腹巻があるので、それを夏にはお腹まわりにつけるようにしました。

 

あと、日常的にしていることもあって、それはウオーキングなんです。
温めることが効果的と分かってからは、体全体の新陳代謝を上げることで体温を上げて
PMSに負けない強い体をつくろうとおもいました。

 

これは結構効果があって、 毎日の通勤を駅まで自転車をやめて歩くようにしたんです。
だいたいほぼ毎日20分ぐらい歩きます。ウォーキングすると体がポカポカします。

 

汗もかきやすくなりました。
そしたら、ちょっとだけですがPMSの症状が改善されたのです。
これは続けていけばもっと効果的がでると思うので、このままウォーキングはしていきたいと思っています。

 

あとは、生理の4日前ぐらいはもう一切無理はしないことも大切です。
イライラして、普通に生活しているだけで辛いのですから、家事や仕事も頑張りすぎない!ということも大切だとおもいます。