PMSの症状を改善するためにピルを服用してみた

PMSの症状に悩む女性

PMS月経前症候群は、女性なら誰でも経験した事のある事と言っても過言ではないと思います。自覚がある・ないに関わらず、わかっているだけでも症状にはかなりの個人差と数えきれないだけの症状があります。

 

一般的には一言で「生理痛」と片づけられる事もありますが、病院を受診すると「PMS月経前症候群」という重々しい診断名がつく人もいます。

 

この症状を抑えようと、生理痛に悩む女子達は試行錯誤しているはずです。私もそのうちの1人でした。毎月生理が近づくにつれて下腹部のあたりが重いと感じたり、精神的にも気分が乗らないような日が続きます。頭痛や吐き気まで感じる時もありました。生理痛が起きてしまえば対処療法として薬を飲み、痛みを和らげたりしていましたが、痛みがないうちはどうしたらいいのかわかりませんでした。もやーっと毎日を過ごしていたと言うとわかって貰えますかね?(笑)

 

そんな時、痛み止めを貰おうといつもの病院を受診した時にDrに「今すぐ妊娠を考えていないならピルを飲んで症状を和らげるという方法もあるよ」と教えて貰いました。てっきりピルは避妊のための薬でしかないと思っていた私は少し抵抗がありましたが、結婚もしていなかったので、試す気持ちで内服を始める事にしました。

 

処方されたピルは低用量ピルと言われているもので、月経をきちんとしたサイクルで起こす目的と避妊する目的、そしてPMS月経前症候群の症状を和らげる作用があると説明書にも書いてありました。

 

飲んだ感想はと言うと、嘘みたいに生理痛がなくなりましたし、生理が遅れる事無くきちんとした周期でくるので、予定も立てやすくなり私にとってはいい事だらけでした。不思議ですが、ピルの効果なのか生理前の気が重たい感じもなくなりました。

 

ピルを飲み続けるとPMS月経前症候群に悩む女性にとっては悩みが1つ無くなるので嬉しい事だと思いますが、きちんと忘れずに内服する事・1シート(1ヶ月分)3千円くらいと高額な事も充分に考慮してから内服して下さいね。毎日を楽しく過ごすためにはピルをうまく使う事もいい方法だと私は思っています