PMDDとPMSは、似ているようで症状に大きな差があります

PMDDとは、月経前不快気分症候群または月経前不機嫌性障害の総称です。いちいちこんなに長い単語を言うくらいならPMDDって言った方が早い気がしますね
PMDDは、PMS(以下で説明します)と同じような身体症状が現れますが、PMSよりも強い症状が現れる事を言います。

 

具体的な症状として、月経開始の数日前から強いうつ症状や強い不安感で日常生活すらままならない状態の事を言います。不眠や精神的不安定という症状もあり、症状は1つではありません。また、この症状のせいで他の人に危害を加えたり、自傷行為に及ぶ事まであるという報告もあるみたいです。

 

ですが、月経開始から数日後には嘘のようにこの症状が落ち着き、通常通りの生活を送る事が出来ているため不思議ですよね。

 

次にPMSについてですが、PMSは月経前症候群と言われ、月経開始の1〜2週間前から生理痛のような症状が出現する事を言います。症状の出現や内容についてはかなりの個人差があるとされていますが、どんな人でも生理が終わると同時に症状が落ち着くと言われています。

 

私の意見を勝手に言わせて貰いますが、私は「PMSかなぁ」と思った事があり、婦人科を受診した事があります。その時に同じく受診していた私と同世代くらいの患者さんと待ち時間の間に話をする機会があったのですが、その患者さんは「PMDDと診断されたから定期的に受診している」と話していました。

 

症状を抑えるための薬やサプリメントを色々試したそうですが、症状が完全に消える事はなく、自分のその時の気分にも左右されているかも知れませんが、うつ症状や不眠、不安、便秘、イライラなどの精神症状がよく出ると言っていました。付き合っているパートナーにもあたる事が多くなり、病院を受診したという経過だそうですが、他人にも影響を与えたって事でPMDDという診断がついたみたいですね。

 

PMDDもPMSもどちらも辛い症状には変わりありません。1人で悩んでいないで誰かに相談するのも大切だと思います。話を聞いて貰うだけで気持ちが軽くなる事もありますからね