PMS(月経前症候群)の症状とはどのようなものでしょうか

PMSのイライラ症状に悩む女性

PMS月経前症候群の症状はたくさん報告されています。具体的にどんな症状があるのか、その症状に対する対処法も紹介しつつ進めていこうと思っているので、自分の症状と照らし合わせてみて下さいね。

 

本文:PMS月経前症候群の症状について一緒に考えてみましょう。女性特有の悩みとも言えますが、女性なら誰でもなる訳でもありません。症状を自覚する人もいれば無症状の人ももちろんいます。
大きく分けて2つの症状があるので、そこから話を進めましょうか。
●身体的症状
身体的症状の中で一番の問題になるのは、やっぱり「痛み」なのではないでしょうか。痛みと言っても一言では終わらせる事ができないくらい痛みの出る場所も様々です。代表的な部位で言うと、頭や下腹部が多いのではないでしょうか。頭で言うと頭痛が圧倒的に多く、下腹部では便がゆるくなったと感じたり、生理はまだ始まっていないのに下腹部に鈍痛のような重ダルさを感じる人が多いようです。

 

ちなみに私が感じる身体的症状は、生理が始まる約1週間くらい前から頭痛がしたり、目の奥がズキズキするような感覚があります。決して目を酷使しているからって訳ではないですよ(笑)病院を受診した時にDrにも確認しましたが、個人差はあるものの生理1〜2週間前から症状が出現しやすいという報告が上がっているとのことでした。

 

幸い私の場合は下腹部に感じる症状がないので、頭痛に対しては痛みが強くなる前に処方された薬を飲むようにしています。

 

●精神的症状
精神的な症状も身体的症状同様にたくさんあると思いますが、ちょっとした悩みや出来事が原因で情緒不安定になったり、イライラしたり、人によってはうつと似たような症状が出る場合もあります。若い女性で意外に多いのがパートナーとの関係が症状にも影響しているという事です。些細な事でもケンカになったりするのはPMS月経前症候群の症状による可能性もあるかも知れませんね。むしろPMS月経前症候群のせいにしておきましょう。

 

 

PMS月経前症候群の症状が重い場合は仕事に行くどころか、日常生活にも支障が出てしまう人もいます。理解のある職場で働いていると生理休暇として数日の休みを取る事ができるかも知れませんが、まだまだ一般的には認知されていないようです。まず、1人で悩まずに相談する事が大切なんですが、身体的症状も精神的症状もサプリメントや薬でも抑える事ができます。毎日の食事内容にも気を付けている人もいますが、働いていると続ける事はなかなか難しいですよね。症状が出る前にや症状が出たらすぐに飲めるサプリメントや薬を使ってPMS月経前症候群とうまく付き合っていきましょう。