PMSによるイライラなどはストレスを溜めないことが肝心

PMS月経前症候群と聞いても「なにそれ?」って人も多いと思います。女性ならではの悩みで、生理中の症状が生理前から出てしまう事をPMS月経前症候群と言うんですが、そう言われると思い当たるって人が増えますよね?

 

PMS月経前症候群の症状を緩和したり、予防するために何かいい方法はないかと思って、私もネットで検索してみましたが、それもかなり色々な方法が書かれていました。ようするに「自分で調べてもよくわからない」って事です。
私のように自分で調べた人も、どの方法が自分に合っていて効果があるのかやってみないとわからないというのが本音じゃないですか?

 

なので、ここではストレスがPMS月経前症候群の症状にどう影響しているのかをまとめて行こうと思っています。

 

ストレスとは、自分1人が原因ではなく、他人の影響や環境が大きいと私は思います。大きく分けると、家族の事・パートナーの事・仕事の事・人間関係の事・友達の事など、ちょっとしたきっかけからストレスに感じている人が多いですよね。

 

私も仕事と人間関係で悩んでいた時期は、確かに生理前から気が重たかったというか、痛みまでは感じなくてもモヤモヤした日が続いていた記憶があります。
仕事に行こうとすると気が乗らなかったり、相手はどう思っていたかはわかりませんが、苦手な人が同じ空間にいるだけで「離れたい」「どっか行きたい」と思うようになっていました。ストレスを抱えると体調を崩してしまう事ってよくありますよね?その期間は色々なサプリメントを試してみたりもしましたが、はっきりとした効果はわからなかったので、飲むのを止めていました。今思えば、仕事を辞めて自由な時間を過ごしていた時期は、生理痛に悩む事もなく有意義な生活ができていた気がします♪

 

ストレスを感じない生活を心がけていても、ストレスを感じないようにするのは難しい話です。なので、ストレスを溜めない・はけ口を見つけるなどの自分なりのストレス発散方法を知っておく必要があるって事ですよね。

 

気心知れた友達に愚痴ってもよし、家族に愚痴ってもよしって事です。カラオケなど自分の好きな事をして気分転換を計る事も大事だと思いますよ。